MacやiPadを初めて購入する人に作ったサイト|ようこそ!

このサイトはタイトルの通り、Macを初めて買う人に向けて作りました。初めてのApple製品を買うとき「どれにしようか?」と色々悩んでしまうものです。そもそもAppleとその他の製品は何が違うのでしょうか?

そんな人に向けて参考になるような「Macの選び方」や「Macで出来る事」や「製品の特長」などをこのサイトで詳しく扱っています!

さらに、サイト内ではMacにピッタリな家具や実用的なアイテムも紹介していく予定です!

どのMacを選ぶべき??

Macといっても、いろいろなシリーズが存在します。

デスクトップ一体型のiMacから、超薄型のMacBook。コスパが優れたMacBook Airや、高性能モデルのMacBook Proなどがあります。
こうしたシリーズから、パソコンの大きさや性能が選択できたりと、さらに選択肢が枝分かれしています。

これほど、いろんな機種があると、どれにしようか迷ってうものです。

「どれにしようかな…。」

安い買い物ではないのでどうせ買うなら自分にピッタリな機種を選びたいものです。

と言う事で、これから、そんな事について一緒に考えていきましょう。

それでは早速、どのMacがどういった用途に適しているのか?また使い勝手はどういったものか?を詳しく見ていきます!

Apple製品を選ぶ。

” 鮮やかなビジョンが、
これまで以上に見えてくる ”

iMac
iMacをみる


 

” 驚くようなことを、一日中 

 

MacBook

MacBookをみる

 

” すべてがもっとうまくできる。
この一枚で 

 

iPad
iPadをみる


 

” MACやIPADを新品で格安で買う1つの方法! 

 

価格
安く購入する


 

The image is from Apple.com

 

Macで何が出来るのか?簡単にリサーチする3つの方法

よしっ!

明日Macを買おう!

と思っても、

  • どのMacを買えばいいのか?
  • Macで何が出来るのか?
  • Macの為に揃えておく物はないか?
  • このソフトMacでも使えるか?

などなど、色んな疑問が沸いてくるはず。

こうした個人的な疑問を調べたり解決するのって

案外難しくありませんか?

 

Mac使い方を検索している様子

「Mac使い方」で検索すると、色んな情報はどんどん出てきますが、自分が知りたいことがピンポイントで書かれている事って少ない気がします。(余計な情報があって逆に悩みが増えてしまいますよねw)

なので、今回は効率的にリサーチする方法を紹介します。

この方法で確実に調べられるとは保証できませんが、管理人が新しいMacを買うときにいつも利用している方法です。

サーチする時にオススメしたいのは、

  • 「ブログ」
  • 「YouTube」
  • 「ニュースサイト」

と言ったジャンルのサイト活用するコトです!これを利用すれば、殆ど必要な情報が得られるのではと思います!

いずれにしても実際の使用感重さなどは実物を触って見ないと分からないので、あくまで「Macで出来る事」や「性能や評価」を中心に調べる事を推奨してます。

調べる時の心得として、調査するような気持ちより「みんなどんな風に使ってるんだろう?」といった感覚で見ていけば、想像力が沸いて楽しくなってきますよ?

ブログ

Macが初めて!という人はとにかくブログがオススメです。

なんでブログなのかと言うと記事内容が特化しているからです。

Macは色々な用途で色んな人たちが使っています。

例えば、仕事で使っている人から、趣味で使っている人まで、色々なパターンがあります。また用途もバラバラで「動画編集」「画像加工」「ブログ」「ゲーム」「作曲」挙げていけばキリが無いでしょう…。

 

こうした色々出来る中で「自分がやりたいことは出来るのか?」をピンポイントで調べるには、自分の用途に特化した視点で説明してくれる人が必要になってきます。

なので、自分に似た人(用途など)を検索にかけて、幾つかブログを読んでみるのが一番手っ取り早いんです。ブログを読んでいると自分が知らなかった情報にも出会いやすいのでコレが一番だと思います。

例えば、Macをビジネスで使いたい場合、

⇒「Mac Excel ビジネス

⇒「Mac Windows 共有

といった風に調べていくと実際にMacをビジネスで使っている人のライフスタイルを書いた記事が出てくると思います。

恐らく、あなたが思っている「悩み」は多くの人が感じているものなので、解決する可能性が非常に高いです。

YouTube

これも、是非オススメしたい方法の1つです。理由はブログと同じで「自分がやりたいことは出来るのか?」と言った事を調べるのに便利です。

YouTubeのメリットはMacの特徴や機能がリアルに伝わるところだと思います。動画を投稿する人も、プロからアマチュアまで色々な人がいて、様々な視点でMacについて詳しく知る事ができます。

▼YouTuberのカズさんの動画。丁寧で分かり易い!!

この動画では性能が低いと言われる新型MacBookが何処まで使えるのか検証しています。

このようにYouTubeにアップロードされている動画は「知らない人」にも楽しめるように作られているので凄く分かり易いです!

難しい情報サイトを読むよりこうした動画の方が比較的短時間で多くの情報が得られます。

さらに、Macの使い方を分かり易く解説している「初心者向け」に作られた動画などもあるので、Macを全く使った事がない人は、チェックしてみるのも良いかもしれません。

ニュースサイト

ニュースサイトではブログや動画とは違った、Macの性能や特徴などといった情報がしっかりと掲載されています。Macについてある程度の知識がついたなら、ニュースサイトで情報をリサーチするといいでしょう。

もちろんブログや動画でもこうした事は、紹介されていますが、ニュースサイトの情報は信頼性が高く、細かい所までしっかりと載せられています。

よくブログでMacについて取り扱っている記事を見かけますが、基本的にニュースサイトや情報サイトのものを参考に書かれています。ただ、ニュースサイトの情報はパソコンの性能関連について感覚と知識が無いと分かりにくいので、完全初心者の人は、YouTubeやブログがオススメです。

自分が面白いと思ったものから見ていけば良いでしょう!

 

このサイトでは、初めてMacを買う人に役に立つような情報を発信しています。なにかMacを買う為にきっかけになればうれしいです!

ApplePencilに対応した新型iPad(2018)は何処が変わったのか?

今日の朝知ったのですが、朝起きて何気なくAppleのホームページを見たら、ipadが新しくなってました。せっかくなので、この新製品が旧モデルに比べて何が進化したのかまとめてみました。

Pencilに対応。

これは言うまでもなく今回の大きなアップデートだったのではないかと思います。

ApplePencilはiPad専用のペンです。これを使えば、画面に直接スケッチを書いたり、画像編集アプリと組み合わせてデジタルイラストのような事も出来ます。

とても画期的な製品ですがiPadProしか対応していない為、Pro以外のユーザは使うことが出来ませんでした。さらに、iPadProは価格が普通のiPadと比べて倍もするので、一般ユーザーには手にし難い商品でした。

今回、普通モデルのiPadにもPencilが対応してくれたお陰で、大勢のユーザーが簡単に手にすることが可能となりました。今後、徐々に使う人が増えていくと思うので、対応したアプリケーションが増えてくると予想されます。

また、今回のアップデートで「Pro」を買った人は「ちょっと損した気持ち」になったかも知れません。しかし、Pencilが一般的に普及することで新しいアプリや機能が増えていくので、結果的には良いことなのではと思います!

SoCがA9からA10へ。

iPhone7と同じA10

iPadの頭脳となる処理チップがA9からA10アップデートされました。

しかし、2017年製のiPad(A9)でも十分に性能が高いので、マルチタスク機能を使う人やヘビーに使う人じゃないとその変化に気づけないかもしれません。

今回新しく搭載されたA10チップですが、iPhone7に搭載されていた物と同じものが使われています。iPhoneに入っているSoCと同じだから「ショボいのでは?」と思ってしまいますが、コレ、iPadProと同じくらいの性能があり意外とパワフルです。

感覚的に違いは感じる事はあまりないでしょうが、性能が高い方が将来的に長く快適に使えるので嬉しいです。

カメラ機能に人体検出機能がきた。

これAir2のカメラです。性能はこれと同じよ。

もしも、「ああ。新しいiPadにiPhone7やiPadProに搭載されている人体検出機能欲しいなぁ」と、待ちわびている人がいるなら、是非このニュースを伝えてあげたいです。

はい。どうでもいい。と言う声が聞こえてきそうですが(笑)

この機能。初めて聞く人が大半と思いますが、なんなのかというとカメラで写真を撮るとき、人の体を検出して、その部分が綺麗に見えるように色や画質を補正するものです。

iPhone7でひっそりと搭載されました。

このカメラ機能ですが、先ほど紹介したA10チップに搭載されている機能の一部になります。なので、カメラ自体になにか新しい機能がついたとかそう言うのはありません。カメラの性能は4年前のiPadAir2と同じレベルのものでしょう。

 

以上が、2017年製のiPadと今日発売された新型iPadの違いについてでした。

正直、ApplePencil以外大きな変化はありませんでしたが、ApplePencilがあるのか?ないのか?で、出来る事や可能性が全然違ってきます。

既に、ApplePencilに対応した素晴らしいアプリケーションが出されています。気になった方は、店頭で試してみるのもいいかもしれません。

今回の発売を通して考察してみた。

RAMの話。メモリ重要!(分かる人だけ読んで欲しい)

さて、散々ipadを褒めて、次はネガティブなお話しです。

これは、私が新しい製品を買うときいつも気にしている事です。

それは、RAMです。

今回のiPadには、最低でも3GBであって欲しいなぁ。というのが望みなのです。

AppleはCPUやGPUの性能を新しくなる事に飛躍的向上させてきました。毎回新しいCoSが発表される度に、「モンスター級」と騒がれてきました。しかしRAMについてはAppleはアップグレードさせる事が滅多にないのです。

このRAMの大きさは、処理能力と同じくらい重要で、将来このiPadが何年快適に使えるのか?に関わってきます。

以前のiPad(2017)では、メモリの大きさは2GBでしたが、今回は何GBなのでしょうね?

やはり、「据え置きで2GBじゃないのか?」「Proの9.7inchモデルも2GBだったから同じだろう…。」と思ってしまいます。

もしも、今日発売されたipadのRAMが据え置きだったら・・・。

AppleがiPadのメモリーを2GBに対応させた年は、2014年のiPadAir2でした。

あの時から、かれこれ4年たっているわけです。

果たしてこれほど長く放置して大丈夫なのでしょうか?

ちなみに、iPhone7Plusの場合「3GB」搭載されています。iPadの場合マルチタスクやスマホよりもレベルの高いアプリを扱わないと行けないのでメモリがまだ2GBのままというのは、どうなのか?と思います。

管理人の願いとしては3GB搭載してほしいのですが、2GBのままというのが自然な流れですね。でも、iPad mini 4 のようにA8だから1GBと思いきや、2GBだった!なんて事もありますから、希望を捨てないように!

数日で明らかになるでしょう。

追記:

2GBでした。

お疲れ様です。

あ。iPad mini 5は、Apple Pencil対応になるかも知れないです。

今回、ペンシルが普通のiPadに対応した事で、5がリリースされたら、それはペンシルに対応してるかも知れないです。A10に対応して、しかもpencilに対応したminiなんて出たら、もう。即買いですね。

ニュースサイトでは、mini5が出なかったことを嘆いている人もいますが、希望を捨てないように!