iPad

iOS11を搭載したiPad Pro

iPadProは世界初のタブレット型のコンピューターです。

最近タブレットをパソコン代わりとして使う人たちが増えてきました。まだ、iPad普及してない頃は出来る事が限られていましたが数年で様々な機能が追加され、パソコンでやる様な作業もコレ一台こなす事ができます。

App Store

AppStoreでは、120万本以上のアプリが販売されています。

iPadにはiPadにしかない機能があります。例えば、GPSや加速度センサー、電子コンパスなど様々なセンサーを搭載しています。なのでiPadはパソコンにはできないような作業もこなす事が出来るのです。これは、コンピュータの革命かもしれません。

特徴

iPadはみんなお馴染みのiPhoneと同じ操作で簡単に使う事ができます。

iPhoneとの違いは、大きなスクリーンにパソコンレベルのアプリが使えるところです。

10.5inch のiPad Pro

MacBookは机や膝の上で使う事が多いですが、iPadは歩きながら、立ちながら、寝ながら作業する事ができます。また、MacBookに比べて、構造がシンプルなので丈夫で壊れにくい設計になっています。なので、海の中や宇宙にだって、どんな場所へでも連れていく事が出来ます!

※iPadは防水ではありません。専用のケースに入れて使います。

Apple Pencil でクリエイティブに

これほどの事が出来るのも関わらず性能はパソコン並みです。実際、性能テストをするとデスクトップパソコンよりも高い数値が出る事があります。

Apple A10X

その秘密は、iPadの中に入っている A10X SoC(頭脳)と言われるチップが入っているからです。このチップはiPad専用に作られた処理装置です。驚くほどの能力を持っています。

サウンドもびっくりするほどハイレベルです。わずか6.1mmという空間に4つのスピーカが搭載されているので、キレのあるサウンドを表現する事が出来ます。なぜこんな薄い板からこんな心地よいサウンドが出せるのだろう?と不思議に思ってしまうくらいです。

 

iPadProなら、Apple Pencil を使う事ができます。

高度な画像編集ツールを使える

ApplePencilはiPadの為につくられた鉛筆です。

これを使えば、アイパッドをノートとして、スケッチブックとして、筆として、色々な事に使えます。

出来ること

120万を超えるアプリがあるので、120通りの事ができます。

よく使われる便利なアプリをご紹介します。

想像する

iPadでは、豊富な画像編集ソフトが揃っています。

 

AffinityPhotoというアプリ元々Mac用に作られたプロ向け写真編集ソフトですが、iPadにも移植された事で機能をフルに使う事ができます。

 

Procreateは、iPadを大きなキャンバスにして絵を描くソフトです。エアブラシ・油絵具・鉛筆といった、多彩なツールを利用できます。その仕上がりは、現実で書いた絵そのものです。

 

Polarrでは写真を簡単に編集することが出来ます。明度や彩度の調整はもちろん様々なカラーフィルターで、取った写真をモノクロに変更したりできます。使える機能は本当に多彩です。これは使ってみないと伝わりません。

作業の効率を上げる

 

まさか、iPadで Microsoft Word が使えるとは思わなかったでしょう。AppleStoreにはMicrosoft Officeの三種の神器が使えるのです。もちろんフル機能で使えます。これが有ればビジネスのあらゆる場面でも対応できます!

 

さらに、PDF Expert 6 は、PDFをフルで編集できるソフトです。実はWindowsパソコンでPDFをフルで編集できるソフトというのは少ないのです。ですが、ビジネスでPDFを編集しなければいけない瞬間が出てきます。このアプリケーションを使って華麗に編集しましょう!あなたは、即座にヒーローになれます!

メモを取る・作る

MacBookやノートパソコンなら、キーボードで手打ちでメモをとったりします。スマートフォンの場合もそうですよね。

iPadなら、Pencilでそのままノートをとる事が出来ます。だから、ノートの端っこに落書きもかけてしまいます。ここまで自由度の高い事ができるようになったのです。

  • Notability
  • Tayasui
    Memopad
  • GoodNotes

といったアプリはApplePencilに対応しています。

便利なアプリはこちらをご覧ください。